携帯電話に手を出したのは、就職してしばらくしてから。
銀座の一角で、街頭販売していたシティフォンでした。

都市部でのみ使えるもので、出力も弱かったけれど、
端末の軽さはものすごいものがありました。

100ccを切るか、100gを切るか? そんな勢いで
どんどん軽くなり、幾度かシティフォンで新機種に
変えていき、最終的に手にしたのはなんと 57g という
脅威の軽さの P158 でした。

当時、そんな携帯電話にぴったりなケースを入手し、
持ち歩いておりました。

先日ガラケーに機種変した携帯(PHS)。軽さとコンパクトさで
AV求人で選んだものですが、その重さは78g。
P158 にはぜんぜん及ばないのですが、近頃の携帯ものの中では
かなりの健闘。
<<今日の世代交代>>
近頃の携帯はとっても重量級で大型。
スマフォに至っては、超重量級... だと思うんですけどね。