本物は、多少の調味料以外は入らないはずだ。

これを食べると本当に美味い。

ぺーちくわはちくわが大好きである。

おっと、AV求人の話がそれた。

えそ醤油はそんな水練り界の最高級原料をもとに作られている。

魚臭い感じは全くない。
最初に感じるのは「出汁」の味である。
出汁が混ぜられているのではないかと思うくらい、しっかりと効いている。
その後魚の良い香りが鼻を抜け、心地よい甘辛さが舌から喉に流れていく。

家で早速お刺身につけてみたが・・・ほほほ。
そりゃあそうなりますよね。

うまい。
普通の醤油のカラメリックな味やとげとげしい塩味がなく、まろやかに魚を包み、
その風味をエンハンスしてくれる。
口の中に太平洋が広がるのだ。

次に納豆。
大阪人ぺーちくわもここ数年で普通に納豆が食べられるようになったが、
出汁あるいはカラシがないと少々きつい。
醤油をかけて食べたことはないが、この出汁が効いたようなえそ醤油ならいけるはず。